FC2ブログ
Loading…

レッスン5

Posted by まめそら on 02.2010 レッスン   0 comments   0 trackback
レッスンまでの2週間、チューナーを見ながらの音階練習を
繰り返し、この音だというのが分かるようになりました。
でも、一発で音が取れるかというとまた別問題。
指の柔軟性と力も必要。

これで結果が出なかったら、もう先生との相性が悪いとしか
考えられないなぁと思ってレッスンに行きました。

行くと先生はコピーの譜面を手渡し、「これを毎週1段ずつやって」

それは、左手指の毎日の練習と書かれた譜面
初めは①スラーなし②4音スラー③8音スラー④16音スラー
各章節を4回繰り返す。指が楽に動くようになるまでする。

前回、同じ曲で飽きたと言ったからでしょうが、これなら飽きずに
練習できそう。カイザーは1曲が長くてなかなか終わらないのです。

そして、いつものハ長調の音階。先生の音程の指摘も入らずスムーズ。
初めて、8音スラーまでいけました!
そして次の音階もレッスンできました。
4ポジと5ポジは難しい。すぐに1の指を離してしまう。

先生から「今週は随分よくなった。最後が低かったけど
音程とれるようになって随分進歩した」
この先生に言われるとすごく嬉しい。

「これが崩れないように、今週は8音スラーまで練習して、
 来週は全音つなぎをする」
ひぇ~っ!2オクターブの音階を全音です。

「やっとこれで下の音程が安定してきたから、次は降りてきても
下の音程が決まるかが先の課題、それができたら次は高いの音程も
決まるように。全部合わせるのに3ヶ月くらいかかりだそうけど」

「大人にしては早い方、みんなそうして苦労して音程を決めている
出来たらいいじゃない、出来ないより。
いくらかかってもきちんと出来るまでやって、下の音が出来たから
根気よく続ければ出来るから」と先生

2回くらいで出来ると思っていましたが、道は険しくものすご~く
長く感じました。少し前進したということでホッしました。

グループの方のアンサンブルに出るのに、休会中だと参加できない
と連絡があり、1月から復帰することに。
個人レッスンはやっぱり続けた方がいいみたいですよね。
今は一人でなら安定するけど、他の音を聴いてしまうと
安定しなくなると言われました。
個人レッスンは、3ヶ月単位で前半は休めるとのことで
どれくらいの割合でするか、考え中です。

注意点
ポジション移動の時の基準の1の指は次の音をとるまで離さない。
右手のひじをクッションのように使って優しい音を出す。
スポンサーサイト



  

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

デジタル時計(白)

ブログパーツ

FC2カウンター

プロフィール

まめそら

Author:まめそら
住んでる所 京都
ヴァイオリンは2005年11月から
グループレッスンでのんびり始めました。
2010年10月から個人レッスンで
奮闘中。まだまだ初心者です^-^

Rakuten



ブロとも申請フォーム

QRコード

QR