FC2ブログ
Loading…

グループレッスン1、2

Posted by まめそら on 16.2011 レッスン   0 comments   0 trackback
レッスンの記録、まとめて2回分です。

グループレッスン1
4ヶ月ぶりのグループレッスンでした。

今までのグループレッスンのように
アルペジオの音階とエクササイズと練習曲を
するのかと思っていたら、同じアンサンブルに出る
メンバーがいたので、アンサンブルの曲を中心の
レッスンになりました。

休んでる間にフラット1つのFメジャーの所は終わり
フラット2つのB♭メジャーに入っていました。
先生にチューニングしてもらい
音出しのフィンガーエクササイズを少しやり
フラット2つのB♭メジャーのハーモニー
(3パートに分かれて和音)をしました。

終わった所は聞いていたのですが、どこをするか
聞いていなかったのでほとんど初見。

最近3ポジションのシャープとフラットに迷う。
ドの♯が次の章節で♮になっているのを間違える。

アンサンブルの曲を通しで合わせる。
アニーローリー
3ポジションで練習していたが、部分的に4ポジ5ポジ
に変更。1ヶ所リズムに注意!

Butterfly
前半1ポジションで練習していたが、すべて3ポジションに
変更。2ndなので軽く弾く。

John Ryan's Polca
あまりに早くてついていけませんでした。
途中、3ポジションで取る。

Aaron's Key
Bから伴奏になるので、見失わないように拍を
数える。ピチカートあり。

次回、他のメンバーが出る「ハナミズキ」と「世界にひとつだけの花」
の合わせ練習をするので、フルート1の所を練習して来る。

グループレッスン2
先週と同じハーモニーを1パートずつ音を確認。
その後、パートに分かれ合わせる。

「きれいに合ってます。」と先生。
合ってないとうなりが聞こえるのですが、今日は
「おぉー!和音になってる!」という感じでした。
少しは個人レッスンの効果があったのかも。

アニーローリー
リズムを気をつける部分、歌う。

Butterfly
リズムに乗って弾く。

Aaron's Key
ヒチカートの所、一指し指ではじく。ドに♯を付ける。
ピチカートもっと大きい音で。
ポーイングの変更。

ハナミズキ
16分音符が多数出て来て、リズムが難しい印象。
合わせにお付き合いのためレッスン。

世界に一つだけの花
こちらもリズムが複雑。合わせるのが大変そう。
合わせにお付き合いのためレッスン。

グループレッスンは、やっぱり楽しい。
個人レッスンのように、細かく弾き方を指摘される
のではなく、みんなで合奏するというレッスン。

アンサンブルの曲も、1回目は自分のパートを弾くのに
必死でしたが、2回目は他のパートを聞く余裕も出来ました。
まだ音を間違える箇所があるので、もう少し練習が必要。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://asunotikara.blog104.fc2.com/tb.php/101-9f0242c5

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

デジタル時計(白)

ブログパーツ

FC2カウンター

プロフィール

まめそら

Author:まめそら
住んでる所 京都
ヴァイオリンは2005年11月から
グループレッスンでのんびり始めました。
2010年10月から個人レッスンで
奮闘中。まだまだ初心者です^-^

Rakuten



ブロとも申請フォーム

QRコード

QR